LOG IN

ススキ野原・秋の福智山へ

by mouji

福智山の標高は900m。決して高い山ではないけれど、山頂までは2時間近くを要します。
北九州の中心を南北にのびる山域は、北は皿倉山から約25㎞の尾根が続き、稜線を見ていると歩いてみたいという気になります。昔からこの縦走レースも開催されています。秋はススキが山頂を埋めつくすことで知られている山です。
この週末は、久しぶりにテントを担いで出かけてきました。

テン場は山頂下の荒宿荘前。この避難小屋は宿泊には使ってはいけないと聞いているので、いつもテントを担いできます。小屋の裏にはきれいなバイオトイレ!展望はよくありませんが、テーブルもあって快適です。

テン場から山頂までは20分ほど。夕暮れ前に訪れ、快晴の空の山頂を楽しみました。

山頂からの展望は360°。雲もなく、さえぎるものもない山頂に夕陽が当たり、ススキが輝いています。
秋色ですね~(●^o^●)

雲一つない青空だったので、夜の星空も期待していましたが、さすがに街が近くて空は明るく、しかも明け方には雲が広がってしまいました。
それでも視界はよく、山頂へ朝駆け!遠くに由布岳、英彦山がはっきり見えます。昨日はくじゅう連山もよく見えたけどなあ。

強い風が吹き付ける山頂で待つこと1時間。雲が巻く下界の向こうに、きれいな太陽が昇ってくれました。ススキには夕陽が似合うなあと思っていましたが、朝陽が当たっても、やっぱりきれいですね。
地元の山で、素敵な景色を見ることができました。


mouji
OTHER SNAPS