LOG IN

星が生まれる山で登り納め

by mouji

星が生まれる山と書いて星生山(ほっしょうざん)
くじゅうの山を楽しみ始めたころ、よく登っていた山です。牧ノ戸峠から久住山に向かう途中、西千里浜の横に見える稜線は美しく、青空に誘われて寄り道することも多かったですね。岩を乗り越える稜線は、冒険心を刺激してワクワクさせてくれました。
今年も残り数日。そろそろ登り納めになるかも・・・と思い、今日はこの星生山へ朝駆けすることにしました。

A.M.4:30登山口となる牧ノ戸峠は気温-5℃
晴れの予報ですが放射冷却もなく、ガスに覆われています。
予定していた星生山もガスの中。このまま登っても寒いだけなので、いったん避難小屋で夜明けを待つことにしました。
朝駆けの方々が数人。空が白み始めたらガスの中、それぞれの思う山へ出発していきました。展望は期待できないと思い、とりあえず、久住山登山はあきらめ、今年、まだ登っていなかった星生山のピークを踏んで帰ろうと、星生崎から山頂を目指しました。
日の出の時刻を迎えたA.M,7:00過ぎ。真っ白だったガスが、すごい勢いで動き始めましたので、陽が登ってきたことを感じました。この勢いなら視界も開けてくるかも・・・とかすかな期待。それが、星生山を目の前にしたときに感嘆の声に変わりました!

赤く焼けていく星生山。
その奥に広がる雲海は、果てしなく広がっています。広い広い久住の高原でこれだけの雲海を見たのは初めてです。
すぐにガスが目の前を覆ってしまうので、とにかく夢中でカメラに収めていくだけです。

雲の動きが落ち着くと再び山頂へ。山頂にはサンタさんとトナカイさんが朝駆け中。そして、かわいいツリーが山頂標識近くに灯っていました。今日はクリスマスイブです。

ガスは相変わらず気ままに山頂を覆い、その切れ間では時折ブロッケンが出現。
風もなく穏やかな朝だったので、ゆっくりと景色を楽しんで帰りました。

Spherical Image - RICOH THETA

今年の山行は20日あまり。朝駆け・夕駆けを楽しんだ一年でした。
また、新しい年も、いい景色に出会えますように!

Spherical Image - RICOH THETA

mouji
OTHER SNAPS