LOG IN

石鎚山登山・娘と2人 極上の時間

by mouji

10月は紅葉登山の月。
今年はどこへ行こうか、どうやって山を楽しもうか考えていたのですが、初旬の3連休を四国に住む娘と過ごすことになりました。
西日本最高峰の石鎚山。
神聖な山は見るだけでも圧倒され、足を踏み入れるだけで気持ちが引き締まります。
そんな山で娘と二人、一晩を過ごして山を楽しみました。

雨が上がった昼近くに入山。
まだ少しガスがかかっていましたが、山頂に近づくにつれクリアな空に変わっていきました。
宿泊は避難小屋の予定。
早い時間に到着したのが幸いで、寝る場所を確保すると遅めの昼食を取り、夕陽を楽しみに山頂に向かいました。

二の鎖、天狗岳、遠くまで広がる雲海、そして、ブロッケンまで、
山の楽しみを一日で存分に味わえました。

山頂でのんびり過ごしながら日の入りを待ちます。
陽が沈む10分ほどの時間、息を殺していたかのような静寂を山頂が包みます。

翌朝は日の出を楽しむために、暗いうちから山頂に向かいます。
快晴の空に、ここでも厚い雲が作る雲海。
時の流れを忘れて景色に見とれていました。

娘が初めて山に登ったのは2歳の時。
大好きな久住山への道のりを家族で往復しました。
大人になっても、自然の美しさを覚えていてほしいと願って。
立派に成人しましたが、今回の山行に即座に「行くっ!」と付き合ってくれた愛娘。
2人で過ごした時間は、本当に忘れられない極上の時間になりました。




mouji
OTHER SNAPS