LOG IN

2017年くじゅうのミヤマキリシマ

5月末の週末から6月初旬にかけて、2週連続の坊がつる泊。それくらい、今年のミヤマキリシマは期待が持てる状態でした。一昨年は虫害によって、全く楽しめなかったこの花も、平治岳を中心に見事な色付きでした。 5月下旬は立中山あたりが見ごろだったようですが、とりあえず、平治岳へ夕駆け。涌蓋山へ沈んでいく夕陽がきれいでした。 翌朝は、いつもの白口岳へ

霧の街・湯布院にそびえる由布岳で快晴の朝駆け登山!

昨年3度もチャレンジした由布岳の朝駆け。すべてガスに阻まれ、朝陽を見ることができないまま下山でしたが、今年初の由布朝駆けは、快晴の空でした! 雲の朝焼けが見られなかった・・・っていうのはぜいたくな話ですね。別府湾から昇る美しい太陽でした。いい朝の始まり! そうそう、それからボク自身の節目の一日でもあります😁思い出に残る景色をありがとう

福岡県糸島の海と山

福岡県の西の端。ボクが住む北九州から一番遠いところに糸島というところがあります。玄界灘を臨む海岸線は、白浜が長く続き、多くの人を魅了する場所でドライブコースとしても人気の場所。海の透明度もなかなかのものです。 一番の景勝地は『芥屋の大門(ケヤノオオト)』地表に出たマグマが冷え固まったあとを、日本海の荒波が削り、不思議な景観を作り出し

久住高原のキャンプ

雪遊びが終わって、遊びのフィールドが九州に戻ってきました。天気が良ければ山が楽しいでしょうね。春の山は生命力があふれ、毎週訪れたくなります。そして、ミヤマキリシマの花を楽しんだら海に出る季節になります。今年一年、どんな風に遊べるか、この新しい年度の始まりで決まります。そんな激務を前に、この週末は高原でのんびりキャンプをして英気を養

野焼きの後のくじゅうへ

くじゅうの麓は、3月の終わりになると野焼きを行うため、山が黒くなる。山中にあるキャンプ指定地の坊がつるも同様。例年、3月末に行われるように思っていたけれど、今年は11日にとり行われ、早々と春の装いになったようだ。 今年は3月の末まで仕事がタイトだったけれど、最後のイベントを終えてすぐに坊がつるに向かった。天気予報はチェックしていたつ